もう乗りたくない。通勤電車は現代人を追い詰めるストレスの代表格

寿司詰め状態の電車

 

通勤もまた大きなストレスになり得る存在であります。 満員電車に長時間乗っての出勤、これは日本社会独特のストレスを象徴する光景でもあります。昭和の時代からずっと続いています。

まず、通勤時間の長さによるストレッサーの強度の差が想像されます。通勤時間30分の場合と、2時間の場合では、ストレッサーの強度は当然2時間の場合の方が強くなると考えられます。

通勤電車は驚異的なストレス

次に、電車内の混雑状況も通勤というストレッサーを構成する大きな要素になると思います。混雑時は座ることもできず、2時間立ちっぱなしという可能性もあるわけですから、座れる電車と比較してストレッサーは大きくなると想像されます。 さらには、温度や空調の様子、座席シートや吊革によっても多少の差が出てくるように思います。

冗談にならない

片道2時間であれば、5日間で20時間の乗車になり、20日勤務では80時間になります。残業時間100時間を超えると、医師の診察が義務になるという法律があったように記憶していますが、それに近い数字になっています。

80時間を12か月間行った場合、年間960時間を通勤時間に費やすことになります。これは40日に相当します。ここまで計算するとその数字には驚いてしまいます。人類は長い移動距離をどうにか早く移動しようと躍起になってきた歴史がありますが、職場まで2時間かかるとはどういうことなのでしょう。

過酷な通勤で仕事を断念する人さえいるのでは

飛行機なら九州や韓国辺りまで行ける時間です。 意外と見過ごされやすいストレッサーなのではないでしょうか。仮に17:00に仕事が終わる職場で2時間の残業をした場合、帰宅は21:00になります。残業なしで通勤時間30分の人は17:30には帰宅できているのです。その差は歴然としてきます。冗談にできない話です。

東京で働くことに胸躍らせて就職した人が、あまりの通勤電車の過酷さにこんな生活を臨んだわけじゃないと言いたくなりそうなほどです。

殺伐とした状況

泣いている駅員

通勤電車で座れるかどうかが、その一日の成否を決めるのでしょうか。1秒でも早く、車内に乗り込みたいとする人をたくさん見ます。

長い通勤時間なのか、それともほとんど眠っていないのかもしれません。その人にとっては、1時間座っているのと立って持ちこたえるのでは消耗が違うでしょう。

早い者勝ちという言葉がありますが、朝の通勤ラッシュ時はまさにそのものです。

この闘いに参戦したら、場合によっては弾き飛ばされ怪我をするかもしれません。

駅と言うのは色々な人がたくさん集まる場です。フラストレーションを溜めている人も交じっています。駅員にくってかかる人もいれば、乗客同士のトラブルも散見します。

元々のフラストレーションが取終結される場でもあれば、通勤がこれらを作り出している側面も十分にあるでしょう。ちょうどあおり運転が形を変えているかのように見えます。

参考サイト

鉄道係員への暴力、減少するも依然として400件超 ~第3回 迷惑行為に関する連絡会議を開催~(国土交通省報道発表資料)

もう乗りたくない・・・思わず特急券を購入

余りに疲れたときには、会社からの支給はないとしても、特急券を買いたくなるものです。通勤に特急?と妙なことを言う人もあると思いますが、通勤時間は馬鹿にならないものです。グリーン車でも許されます。

昨今、この発想は多少の市民権を得てきているようです。 周囲から、お金あるねなどと言われてしまったとしても、倒れるよりはずっとましなことですから、内緒で使ってみてはどうでしょうか。 会社がこの辺りの事を深刻に捉えれば、特急券の支給もあってよさそうなものです。