TOEICの勉強にもう疲れた

英語ペラペラ

日本も急速に国際化が進んでいますが、その背景には少子高齢化も無関係ではありません。

多くの外国語圏の方が日本で働く社会になってきました。

そんな中で、英語の勉強を強いられる機会も増えているかもしれません。TOEICという英語の試験がありますが、書店に行くと多くの関係参考書が並んでいます。

TOEICの勉強はとにかく疲れる

我々は学校でたくさんの時間を英語の授業に費やしてきました。

しかし、受験が終ると、その力を生かす場面は中々現れません。多くの場合は、長い年月の中に忘れ去られて行ってしまいます。

一方、語学を勉強する若者が増えているようにも感じますし、多くの企業ではTOEICを社員に受験させることもあります。そして、採用や昇進に取り入れている場合まであります。

参考サイト

ETS TOEIC公式サイト

社会人になってからのTOEICの勉強は時間がない

働きながら何かの勉強を続けることは大変な事です。

試験を受けない場合でも、業務に関するたくさんの事柄を覚えなくてはならないのですから別途TOEICの勉強など手が回りません。

もし本気でTOEICのハイスコアを狙うなら、仕事の後で数時間も勉強する必要があるのだと思います。また、休日はもっとでしょうか。おそらく英語が得意な方でも、まず300時間くらいの時間をまずは確保する必要があるでしょう。そこからさらに数百時間を積み上げていくわけです。

これでは、毎日の残業と休日出勤のようなものです。

集中力が続かない

TOEIC問題イメージ単語を覚えるには、どのくらいの時間を要するのでしょうか。

有名どころで、「金のフレーズ」という単語帳があります。主要な単語は1000個ですが、その他にも実は啓されています。

見たこともない単語もあれば、知っていた意味とは別な使い方をされている単語など盛りだくさんなのです。

これを覚えるには相当の集中力を要すると思いますが、仕事でクタクタになっている時にどうせよと言うのでしょう。

単語の他、文法もあれば読解にリスニングまであります。

とても何かの片手間にできるものではありません。スマホの普及でずいぶん助かった人も多い事でしょう。

肩も凝れば目も疲れる

もう疲れちゃった

IT機器を使いながらの勉強ははかどる反面、テクノストレスの問題と表裏一体でもあります。

一日に使用できる上限を定めるなどする必要がありそうです。丁度、コーヒーは一日三杯までというようにです。

会社で既にパソコン作業をずっとしていたのではないですか?

勉強の合間にリラックス

勉強の合間には、やはり休憩が大事な事です。

休憩を挟むことで作業効率は回復する可能性があります。

これは、ストレスマネジメントでもよく話題に上るもので、リラクセーション前後の作業効率を比較すると実感できると思います。

またリラックスするセルフケア法を身に着けることも、勉強に挑む道具になるかもしれません。もっと頑張るには?と言っているようで、あまりこういう表現を使いたくはありませんが、現実的に乗り越えざるを得ない壁に直面している方もいらっしゃるわけですからうまくご活用いただけると良いと思っています。

Author: banal